ブログ

【7月の集合プログラム】傾聴って何を聴いたら良いんだろう?

2022.07.11
Category:
Tag:

高木さんはよく「聴くのは心を聴くんだよ」と教えてくれます。

文字情報だけを受け取るのではなく、その言葉に乗った想いを受け取る。

 

メラビアンの法則も、視覚情報と聴覚情報が大事って法則だけどさ、傾聴の【聴】は目も耳も入ってるよね(漢字)。

なんなら心も入ってる(笑)

 

文字通り受け取ったら…

文字通りというのは、つまり日本語辞典の通り。

学校で習った言葉の通りに受け取ると、なんか上手くいかない。

学校で習った辞書通りに理解しているのに何で!みたいな笑

 

多分相手は日本語辞典に準拠して話しているんじゃなくて、自分の辞書に従って喋っているんではないか?

「Youtuberになったら良いよ」というのは、本当に転職や副業を提案しているのではなく、「ドンマイ」くらいの挨拶ないしは「そうなんだ〜」の相槌みたいな感覚で使ってるんじゃないか?

ということは、傾聴って相手の辞書を受け取る力でもあるのかなぁ?

 

相手の辞書って一回じゃ掴めないし、下手したら時間の経過によって都度アップデートされるから、何回もお話ししながら見つけていくんだろう。

そのために雑談したり話しかけたりするのかなぁ。

 

そんな話をしました!

この記事をシェアする