ブログ一覧

支援員に聞いてみた「しんどくても出来るのはなぜ?」

2021.06.25
Category:
Tag:

今日は支援者研修でふらっと出たお話。

1人の支援員が「やらなきゃいけないって思って…」と言っていて、「あ!」と思いました。

 

(これ、利用者さんからよく聞く言葉だな…)

 

利用者さんからよく「やらなきゃ!と思ってしんどくなってました」という報告聞くけど、なんでこの支援員さんは「やらなきゃ」を持っててもしんどくならないのかな?と感じたので質問してみました。

 

なんでやらなきゃいけないと思ってもしんどくならないの?

 

なんでやらなきゃ!と思っててもしんどくならないんですか?

 

んー多分、もっと面倒くさいことになるって思ったんですよ。

高校があと5日で留年しちゃうってなったときに、学校行くのは嫌だけど、留年はもっと嫌だって思ったんですよね。

朝起きるのは苦手ですけど、老後のこと考えたら会社行った方が良いじゃないですか。笑

私はいつも人生を天秤にかけてるんでしょうね。

 

 

時間軸を持って考えることができる力

 

今の「やらなきゃ…」という気持ちと、それをやらなかった時の将来を秤にかけたら「やらなきゃ…」がしんどいことじゃなくなるんだろうと思いました。

これって髙木さんが言う「面倒なことをやらなかったら、もっと面倒になるよ」という公式まんまですよね!

 

高木の公式を自然と実践してるってことか!と、とても納得しました。

 

 

自然に実践できる力

 

自立訓練では、沢山の生きやすくなる公式を日々学んでいます。

他人にイライラしなくなる公式

ストレスコントロールできるようになる公式

健康に生活できるようになる公式

 

いかに自然にできることが多いかが、社会適応できるか否かに影響するんだなと感じました。

 

まずは意識して練習するところから始める。

そして自然にできることを増やしていこう!

 

この記事をシェアする