ブログ一覧

えさかの自立訓練に通うためにやらなきゃいけない2つの手続き

2021.02.08
Category:
Tag:

支援員の宮崎です!

今日はこれから福祉サービスを受けようと

検討している人に向けてのお話です!

 

「自立センターえさかに通いたいけど、どんな手続きが必要なの?」

という疑問を解消していこうと思います!

 

あくまで素人目線の読み物ですので

詳細は市役所の担当者に聞くか

無料相談に来て、直接私や髙木さんに聞いてくださいね♪

 

 

手続きは大きく分けて2方面ある

 

自立センターえさか(以下えさか)は

自立訓練(生活訓練)と呼ばれる障害福祉サービスです。

これは行政が行っている公的なサービスだから

えさかに来て「明日から訓練したいです!」

と言ってすぐ叶うものではないらしい。

 

市役所での手続きと、施設との手続き

 

えさかを利用するためには

まずは自立センターえさかとの手続きが必要。

そして

自立訓練は、障害福祉サービスという公的なサービスだから

住んでいる地域の市役所での手続きも必要になる!

(私は吹田市民なので、吹田市役所に行った)

 

 

だから、これから利用したい人は

利用したい日までに

えさかの手続きと

市役所での手続きの両方を行う必要があるんです!

 

 

えさかでの手続きの話

 

まずは自立センターえさかでの手続きの話

手続きは以下の4つ

①利用申込書・同意書を書く

②契約する

③アセスメントシートを書く

④個別支援計画を作る

 

 

①利用申込書・同意書を書く

 

まず利用したい!と思った人は

えさかに来て利用申込書を書こう。

 

同時に、市役所と個人情報のやり取りをしても良いですよ

っていう同意書も書いてくれると

手続きがスムーズになるのでありがたい。

 

 

②契約する

 

次に必要なのが利用契約

施設を利用するにあたって契約をする(要印鑑)。

 

同時に大事なことが沢山書いてある

重要事項説明も受けてもらう。

 

この工程だけで大体1.5時間くらいかかる。

 

 

③アセスメントシートを書く

 

支援をするにあたって

利用希望者さんの基本的情報を

アセスメントさせてもらう必要がある!

健康状態から、コミュニケーション面まで

主に生きづらさがどこに表れてるか書いてもらう。

 

A4シート6ページ分くらい。

チェック式になってるから、早い人だと20分くらいで終わる。

 

 

④個別支援計画を作る

 

一番大事なのがここ!

支援の土台となる個別支援計画ってやつを作る。

 

個別支援計画は、

利用者と支援者が、これを達成するために訓練頑張りましょうね

っていう指針が書かれたペライチの書類。

 

③で書いてくれたアセスメントシートを元にして

一緒に目標を決めていきます。

 

ここは大体30分~1時間くらいかな。

 

 

利用開始までに2回以上来てもらう必要がある!

 

なんやかんや言って手続きに時間と手間がかかる。

最短で

利用申込書・同意書を記入する日と

契約~個別支援計画作成までやる日で

2回はえさかに来てもらう必要があると思う。

 

契約から個別支援計画作成まで

2~3時間くらいかかるから、一気にやると結構大仕事。

(私はこの時点で、体力がもたず大変だった)

 

 

 

市役所での手続きの話

 

そして市役所で行う手続きは主に以下の3つ

①申請する

②認定調査を受ける

③支給決定される

 

 

①申請する

 

吹田市役所は114番の障害福祉室に

「自立訓練(生活訓練)を受けたいんですけど~」と行く

そしたら紙を3枚渡されるから

それを書く必要がある

 

(1)サービス等利用計画・障害児支援利用計画(セルフプラン)

(2)支給申請書件利用者負担額減額・免除等申請書(様式第1号)

(3)世帯状況・収入等申告書

 

訓練費が無料になるか、自己負担額があるかを

見極めてもらうために、収入額を申告する必要がある。

だから課税証明書を添付する必要があるらしい。

(どの書類に添付するかは忘れた)

 

 

②認定調査を受ける

 

市が「この人は本当に訓練を受けるにふさわしい人か?」

を調査してくれます。それが認定調査。

住んでる地域によって担当者がいるんだけど

その担当者さんに100個くらい質問される。

 

最近はコロナで、電話で認定調査できるかもしれないから

それは自分の担当者に聞いてみて欲しい。

 

認定調査は市の担当者と自分との

都合の良い日に設定する必要があるから

予め担当者さんに連絡して

認定調査の日を予約したら、スムーズに進むかも

 

 

③支給決定を受ける

 

②の認定調査をもとに、市役所で審査会が開かれる。

それに通ったら、支給決定がされて

晴れて自立訓練に行く準備が整う(市役所的に)

 

 

なので、持ち物は以下の3つ

①障がい者手帳(持ってない人は医師の診断書)

②課税証明書(市外にいた人は取り寄せないといけないから面倒)

③印鑑(多分いらないけど、一応念のため)

 

 

手続きの順番

 

これがまた大変!

2つだけ覚えておいてほしいのが

まずはえさかに来るってことと

同時並行で進めるってこと

 

 

まずはえさかに来て利用申込をする

ほんで市役所に申請しに行く

 

そこから先はどの順番でも良いから

利用開始したいなって日までに

全部終わらせることが必要!

 

 

困っても大丈夫

 

もしわからなくても、たいていは何とかなる

とりあえずえさかに来てくれたら

管理者か、私が対応するし

なんとか利用できるように、なんとかできる。

(今までなんとかならなかった人はいない)

 

だからとりあえず利用したくて困ったら

えさかに相談しに来てほしい!

お問い合わせフォーム「利用したい」と書いてくれたら

喜んで担当させていただきます!

この記事をシェアする