ブログ一覧

集合PGを見学して気付いた、人の話を傾聴するときに必要な3つの発信力

2020.12.10
Category:
Tag:

こんにちは!

支援員の宮崎です。

今日は昨日の集合PG「素の自分を出す練習」に

サブ支援員として参加して

気付いた話を書いていこうと思います!

 

テーマは

傾聴するときに必要な発信力の話

 

 

複数人で話す練習で気付いたこと

 

今回の集合PGは

4人1グループになって

「失敗談」をテーマにして自由に話す練習をしました。

 

そこで気になったのが「聴く側の姿勢」についてです

 

私が大事だな~と思った3つのポイントを書いて行こうと思います

 

 

聴くときに大事な3つの「聴く」

 

「口」で聴く~相槌~

 

 

相槌している人と

相槌せずに話を聴いている人は

全然雰囲気が違う!

 

というか会話に入ってないように見える笑

 

「うんうん」

「へぇ」

「あぁ笑」

と短い言葉だとしても

相槌が打ってる人の方が印象良かったな

 

 

 「目」で聴く~視線~

 

 

二つ目は目線

話者の方を見てない人って意外と目立つ

 

一瞬で「興味ないんだな」と思われるなと思った

 

話してる人を見るってことが

こんなに大事なんだなと気づいた

 

 

「体」で聴く~体勢~

 

 

目線だけじゃなく

体勢もとても大事だなと思った

 

足組んで椅子にもたれたり

そっくり返ってると

輪の中で一人だけ浮いて見える

 

あとは

手をいじってるのも意外と浮いて見える

 

 

「聴いてるよ」と発信する力

 

私自身「聴いてれば何してても良いじゃん」

って想いがあった人間なので

周りから見てこんなに印象って違うんだ

とびっくりしました

 

ただ聞くだけじゃなく

目や口や体の全身を使って

聴いているよと発信すること

結構大事なんだと感じました

 

 

就職面接でも大事かもね

 

聴いてるよと全身で発信することは

初対面の人と話すときはとても重要だよね

 

だから就職面接とか

施設見学とか

そういう時に役に立ちそう

 

聴いてるよと発信することで

相手に安心感を与えることもできるし

相手への誠意を表すことにも繋がる

結果として

相手とのラポールを形成できるもんね

 

傾聴力って、発信力なんだな

と思った集合PGでした!

この記事をシェアする