ブログ一覧

自立なんでも相談会~なぜ雑談でしんどくなるのか?~

こんにちは!支援員の宮崎です。

昨日は自立なんでも相談会がありました!

外部参加の方や利用者さんで今回も満席でした^^

参加してくださった方が沢山いたので、色んな面白い話が出てきてとても充実していました。

今日はその中でも、共感する人が多い悩みについて報告していこうと思います。

 

 

雑談でしんどくなるのはなぜ?

 

えさかを利用している人や、セミナーに参加してくださる人の多くが「雑談が苦手」という悩みを抱えています。

でも、他人の話を笑って聞いてるだけなのに、なんでしんどくなるんだろう?

雑談で病気になるのはなぜか、お伝えしていきます。

 

 

こんな返事をすると雑談で病気になる

 

たとえば「この前北海道に旅行行って来たんだ~」と話を振られたとき

何も考えずに返事をすると「良いな、私も行きたいな~」となっちゃうことが多いはず。

でもそれは本当は病気になる返し方。

 

なぜなら、自分の想いと違うことを言葉にしているから。

 

だって本当は今の自分には、旅行にも北海道にも興味ないかもしれないのに

無理やり「旅行良いな」「北海道良いな」と言ってることになるんです。

 

思ってもいないことを言語化するのはアクセルとブレーキを同時に踏む行為

車なら故障しちゃいますよね(汗)

 

 

本当は「興味ない」と言った方が良い

 

たとえ良さげなことを相手が言っていたとしても、

自分の心のためには、興味ないことは

「私は興味がない」と返した方が良いんです。

 

他者が良いと思っていることを

自分まで良いと思わなくて良いのです。

 

 

魔法の相槌

 

相手に「興味ない」と伝えることはハードルが高い!

ちょっと冷たそう!と思う人もいると思うのですが

そんな人も使える言葉をご紹介します。

 

それは「あなたはそう思うんですね」

相手がそう思っていることを肯定するだけ。

 

そしたら、相手の話は受け止めつつ

自分の本音に嘘をつく必要もなくなる!

 

相手の話は相手にお返ししておきましょう(笑)

 

 

 

もしくは自分の話をする

 

自分の本音に嘘をつかなきゃ良いので

「私はタイに行ったときが一番楽しかった!」と言うのもあり。

 

あとは自分が必要だと思っていることを話す。

「私は旅行よりも、訓練して自己理解を深めることが大事だと思っているんだ」

 

そうやって自分の本音に嘘を付かない返し方を実践することで

雑談がしんどくて病気になることも減ってくるかも?

 

次回なんでも相談会は…

9月16日(水)13:00-15:00です!

お申し込みはこちら

 

この記事をシェアする