事業所ブログ

社会人基礎力~規律の主人公は自分~

2019.12.17 カテゴリー:
  • 今日の自立訓練は社会人基礎力【情況把握力】【規律性】でした。

    今日は一見ネガティブなイメージを持つ「規律」のお話を紹介します。

 


 

ルールは悪いもの?

「ルール」と言われたらどんなイメージをするでしょうか?

  • 嫌なもの
  • 破りたくなるもの
  • 守らないといけないもの
  • 従わないといけないもの
  • 上から与えられるもの・・・・

「ルール」と言われると、なんとなくネガティブなイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?

 

なぜネガティブなイメージになってしまうのか?

その背景には、家族には家族ルールがあり、学校には校則があり、国には憲法や法律があり・・・私たちが幼い頃から触れてきた「ルール」は「大人が作ったもので守らなければいけないもの」という意識があるからかもしれません。

 

そう考えると少しネガティブなイメージになるのも納得です。

 

 

 

自分の半径5mのルールは自分で決める

 

「ルール」と聞くと、少し堅苦しいかもしれない。でも本当はそうじゃない。

 

まずは自分が決めたルールを守るところから「規律」は始まる。

 

自分が決めたルールを自分で守れて初めて他者との規律の話になる。

 

まずは自分の半径5mのルールは自分で決めて、自分で守ることからだ。

 

 

他者との規律はお互いが重なることだけで良い

 

自分の中でのルールが守れたら、次は目的目標を共にする他者との規律の話になる。

 

でもそんなに硬く、かしこまらなくても良い。

 

勿論「相手を従わせよう」「相手に従っておこう」とも思う必要もない。

 

他者との規律は簡単で「共通の目的・目標に向かう上で、お互いが守りたいと思うこと」だけを規律にしたら良い。

 

規律を作る人全員が守れるものを作ったら良い。

 

みんなが主体性を持って規律を作ることで、コミュニティの規律性が成立する。

 

誰かの上や下にいるのではなく、一人の対等な人間として社会参加していくことが、規律性を高めること、おいて自立することに繋がるということになりますね。

この記事をシェアする

PAGE TOP

Copyright © 株式会社 江坂-起業家支援センター all rights reserved.