事業所ブログ

チームで働く力~多様性について考える~

2019.12.03 カテゴリー:

今月の自立訓練はチームで働く力を伸ばしていきます。

チームで働く力は「多様な人々とともに、目標に向けて協力する力」とされています。

平成に多く聞かれるようになった「多様性」とは、具体的にはどういうことを指すのでしょうか?

もしかしたら「自分とかけ離れた人々」を多様性に富んだ人だとおもっていませんか?

本当はそんなことはないんです。

例えば1科目100点満点のテストを5つ(国数社理英)受けるとします。

満点は500点、最低点は0点です。

そこで仮に499点取ったとしましょう。

1点だけ落としたとしても、国語が99点のパターンと、数学が99点のパターンと、社会が99点のパターン、理科が99点のパターン、英語が99点のパターンと5通りのパターンがあるのです。

一見同じ499点でも5パターンの多様性があるんだから、自分と似ていると思った人でも、違うところがあるってことが分かりますね。

そして500点満点の250点を取る人たちは、数兆通りのパターンがあるそうです。
(499点の人は5通りなんだから、それに比べると凄い数ですよね…)

真ん中は平均値だから、みんな同じだろうと思いきや、平均値が最も多様性に富んだ集団なんですよね。

自分と同じタイプの人でも、中身は全然違うなんてことばかりです。

多様性なんて実はなくて、全員違うということを理解することが大切なのかもしれません。

普通は幻想だなと思うお話でした。

この記事をシェアする

PAGE TOP

Copyright © 株式会社 江坂-起業家支援センター all rights reserved.