Menu

人が好き!江坂が好き!【起業家】と【就活者】の支援と双方のご縁を結ぶ会社です。

  1. アクセス
  2. 求人情報
  3. サイトマップ
  1. HOME
  2. 起業家支援
  3. 就活者支援
  4. イベントセミナー/座談会/交流会
  5. 会社概要
  6. お知らせ

事業所ブログ

薬をやめようと思ったきっかけ

2019.05.22 カテゴリー:

小学校高学年の頃から、家に帰ったら夕方はバタンキューで夕飯まで死んだように昼寝。
毎週末になると必ず頭痛という生活を大学生まで当たり前のように送っていました。

社会人になったら一週間持たずに、水曜日ごろになると頭痛で出勤できないことが増えて、24歳からはコンサータを飲まないと動けない体になっていました。

24歳の時にコンサータに出会ったときは
「あぁ、自分は脳の病気だから、一生この薬と付き合っていけば元気にやっていけるんだ」
と感激したほどです。

大阪に来て、高木さんから
「薬を飲んだ状態で動けているのが幻想で、薬を飲まずに動けないのが本当の自分の姿なんだ」
と言われたときには目からうろこでした。

言われてみれば
小さい頃なんて薬なんて無くても一日中動けていたし、つい最近の大学生のころなんか授業後に夜までバイトまでしていたくらい動けていたんだよな。

夕方バタンキューになっちゃった小学生の時
毎週末に頭痛で鎮痛剤が友達だった時
コンサータを飲まないと動けなくなった時

それぞれに歯車が狂うきっかけがあったはずだと気づけたときに「薬を飲まずに生活していきたい」というモチベーションが生まれました。

by こてこてぽっか(@ktktpkk

この記事をシェアする
ご相談窓口ページへ

江坂つながりニュース

Vol.74「次年度方針と計画について」

つながりニュース74号

» 過去のニュースはこちら

多機能型事業所通信

2019年10月号

2019年10月号

» 過去の通信はこちら
社長のつぶやき100選 電子書籍化

PAGE TOP

» 広報コラム一覧へ
Copyright © 株式会社 江坂-起業家支援センター all rights reserved.