Menu

人が好き!江坂が好き!【起業家】と【就活者】の支援と双方のご縁を結ぶ会社です。

  1. アクセス
  2. サイトマップ
  1. HOME
  2. 起業家支援
  3. 就活者支援
  4. イベントセミナー/座談会/交流会
  5. 会社概要
  6. お知らせ

江坂つながりニュース アーカイブ

Vol.69「人や会社には凸凹がある」

人や会社には凸凹がある

第6期の計画で半期が終わった。
当初予定していた新事業の立ち上げが遅れたこともあって上期はかなり苦戦した。
しかし、9月には採算ベースに戻して、10月1日から計画相談事業所も併設することができた。

企業の活性化は、社長の責任も大きいが社員の質と数で決まる部分がある。
「良い人がいたら採用したい」という話はよく聞くが、中小企業に良い人が来ることは少ない。
縁のあった人を採用し、育てていくという姿勢が必要だと思う。

人にはそれぞれ凸凹がある。
凸を生かして凹を補い合うのがチームワークだが、最近は少し違う視点で考えている。
それは、凸でも凹でもない部分を伸ばすことだ。

○△×で考える

○か×かで考えるのはわかりやすい。
しかし、多くの事は△だ。
解答例で言うと「はい・どちらでもない・いいえ」となる。

100回に1回発生するのも△だし、100回で99回でも△なのだ。
社員教育や企業経営は「どちらでもない」ことの比率を「はい」に近づけていく活動。
そう考えてみるとPDCAサイクルを回す必要性に気づく。

得意でも不得意でもないことを得意に近づけて行く。
そのために日々訓練が必要だし、見直しと改善が必要になる。
それをやり続けるためには、動機となる「目的」がなければできない。

会社の目的は経営理念

会社の目的は経営理念だが、社員さんの目的は何だろう。
お金かも知れないし、誰かに称賛されることかも知れない。
そこはじっくり聞いてみないとわからない。

人は、自分の目的に向かって進む。
人から言われた事は、やりたくないと思ってしまう。
だからこそ、社員さんと一緒に経営理念を見直していくことが必要になる。

まだ、半期が終わったばかりだが、あらゆる組織で来期の計画づくりがはじまる。
それに向けて社員教育を真剣に考えて実践し、理念の共有ができる組織を作っていきたいと思う。
その結果、凸が増えたら良いと思う。

江坂つながりニュース

Vol.70「年末が見えてきた!」

つながりニュース70号

» 過去のニュースはこちら

多機能型事業所通信

2018年11月号

2018年11月号

» 過去の通信はこちら

PAGE TOP

» 広報ブログ一覧へ
Copyright © 株式会社 江坂-起業家支援センター all rights reserved.