Menu

人が好き!江坂が好き!【起業家】と【就活者】の支援と双方のご縁を結ぶ会社です。

  1. アクセス
  2. サイトマップ
  1. HOME
  2. 起業家支援
  3. 就活者支援
  4. イベントセミナー/座談会/交流会
  5. 会社概要
  6. お知らせ

事業所ブログ

健康でいるために-01

何かやりたいことがあると
寝る間を惜しんでやってしまう

これが悪循環の始まりだと思う

睡眠時間が低下すると
認知がおかしくなって
酩酊状態と変わらないという
研究がある

物忘れが多くなったり
目的地に到達しなくなる
酔っぱらいやからね

昔は寝溜めができると思ってたが
それもあかんらしい

世の中には睡眠時間が多く必要な人と少なくても大丈夫な人がいます。
前者はロングスリーパーと呼ばれ、後者はショートスリーパーと呼ばれます。
しかし、大半の人は8時間くらいの睡眠時間が必要です。
訓練次第で1~2時間は少なくすることもできるそうですが、その訓練のために体を壊しては意味がないですよね。
また、睡眠負債という言葉があることから、寝溜めができると思っている人も多いようですが、実際には寝溜めはむしろ悪影響があることも、最近の研究でわかっています。
私は「明日死ぬかもしれない」という強迫観念から「今日できることをやってしまおう」と考えがちですが、最近はできるだけ「明日やろう」と考えるようにしています。

by 就労継続支援A型事業所 A

この記事をシェアする
ご相談窓口ページへ

江坂つながりニュース

Vol.70「年末が見えてきた!」

つながりニュース70号

» 過去のニュースはこちら

多機能型事業所通信

2018年11月号

2018年11月号

» 過去の通信はこちら

PAGE TOP

» 広報ブログ一覧へ
Copyright © 株式会社 江坂-起業家支援センター all rights reserved.